著者紹介

エミール・ゾラ

エミール・ゾラ没100年記念

 1840~1902年。フランスの自然主義文学者。22歳ごろから小説や評論を書き始め、また美術批評の筆も執り、マネを擁護した。1871年、ライフワークたる「ルーゴン・マッカール叢書」第1巻『ルーゴン家の繁栄』を出す。自然主義文学の総帥として論陣を張り、『実験小説論』(1880年)を書いた。プルードン、マルクスらを読み、社会主義にも関心を示している。ドレフュス事件ではドレフュスを擁護し、「われ弾劾す」という公開状を発表、そのため、イギリスへの亡命を余儀なくされた(1898年)。翌年6月に帰国、空想社会主義的な『豊穣』『労働』などを書いたが、1902年9月29日、ガス中毒により急死。遺骸は1908年にパンテオン廟に葬られた。
 彼は小説家は主観を排し、試験管の中の物質の化学反応を見る科学者の眼で、社会環境という試験管の中に投げこまれた人間が、その遺伝素質に従ってどのように変化するかを観察すべきだ、と考えていた。しかし実作においては彼の想像力は理論や法則をこえ、19世紀後半のフランス社会、とくに下層労働者の生活、群衆の姿、あるいは破壊的要素としての性衝動などをみごとに描き出している。

続刊

関連情報

◆エミール・ゾラ 略年譜

一八四〇年    0歳 パリに生まれる。

一八四三年    3歳 南フランスの町エクスに移る。

一八四七年    7歳 父フランソワ没、一家は困窮状態に。

一八五二年    12歳 ブルボン中等学校に寄宿生として入学。セザンヌとの交流が始まる。

一八五四年    14歳 この頃からデュマやシューの新聞小説、ユゴーやミュッセなどロマン派の
            作家を耽読する。

一八五八年    18歳 前年からパリに出ていた母を頼って、祖父とともにパリに居を構える。

一八五九年    19歳 バカロレアに失敗し、学業を放棄。貧しく不安定なボヘミアン生活を送り
            ながら読書と詩作にはげむ。

一八六一年    21歳 パリに出て来たセザンヌと再会。サロン展やアトリエを訪れるうちに、若
            い画家たちと知り合う。

一八六四年    24歳 短篇集『ニノンへのコント』。

一八六五年    25歳 処女長篇『クロードの告白』。バルザック、テーヌ、ゴンクール兄弟の作
            品を熟読。活発なジャーナリズムへの寄稿が始まる。

一八六六年    26歳 一月、アシェット書店を退職。アレクサンドリーヌ・ムレとの同棲生活始
            まる。五月、エドゥアール・マネの知遇を得る。

一八六八年    28歳 『一家族の歴史』(全十巻)の構想。

一八六九年    29歳 『ルーゴン=マッカール叢書』のプランをラクロワ書店に提出、受理。

一八七〇年    30歳 五月、アレクサンドリーヌと結婚。九月、普仏戦争勃発に伴いマルセイユ
            に移住、さらにボルドーに向かう。

一八七一年    31歳 議会通信を新聞に連載、政界を批判。三月、パリに戻る。十月、『ルーゴ
            ン家の繁栄』。

一八七二年    32歳 七月、ラクロワ書店が倒産、シャルパンチエ社と出版契約を結ぶ。フロベ
            ール、ドーデ、モーパッサン、ツルゲーネフらとの親交が始まる。

一八七四年    34歳 マラルメとの交流が始まる。

一八七七年    37歳 一月、『居酒屋』。激しい毀誉褒貶にさらされながらベストセラーと
            なり、生活は経済的に安定する。五月~十月、南仏レスタックで休暇。

一八七八年    38歳 五月、パリの西郊メダンに別荘を買う。これ以降、年に数カ月はメダンで
            過ごし、必要に応じてパリに出る。ユイスマンス、セアール、ブール
            ジェ、ヴァレスら若い作家たちとの親交が深まる。

一八七九年    39歳 一月、小説を翻案した戯曲『居酒屋』がアンビギュ座で上演され大成功。
            地方や外国でもやはり大きな成功を得た。友人たちがしばしばメダン
            を訪れる。

一八八〇年    40歳 五月、フロベール死去。十月、『実験小説論』。

一八八一年    41歳 過労のせいか健康状態すぐれず。

一八八二年    42歳 四月、『ごった煮』。作中人物の名前にからんで民事裁判となり、作家の
            表現の自由をめぐって論争が巻きおこる。

一八八三年    43歳 フーリエ、プルードン、マルクスら社会主義者の著作を読む。

一八八四年    44歳 二月下旬から三月初めにかけて、『ジェルミナール』の準備のため北フラ
            ンスの炭坑町アンザンを訪れる。

一八八五年    45歳 三月、『ジェルミナール』。十月、『ジェルミナール』の戯曲への翻案が
            禁止され、『フィガロ』紙で激しく抗議。

一八八七年    47歳 『大地』。この作品を機に反自然主義の傾向が鮮明になる。

一八八八年    48歳 七月、レジオン・ドヌール・シュヴァリエ章受章。
            八月、ジャーナリスト・ビヨーから写真の手ほどきを受ける。
            十二月、女中ジャンヌ・ロズロとの関係が生じる。

一八八九年    49歳 三月、鉄道小説準備のため、ル・アーヴル、ルーアンを訪れ、パリの
            サン=ラザール駅を見学。五月、アカデミー・フランセーズに立候補
            するが落選。以後一八九七年までしばしば立候補するがいずれも落選。
            五~十一月、パリ万博を数度にわたって見物。
            九月、ジャンヌとの間に長女ドゥニーズ誕生。

一八九一年    51歳 四月、文芸家協会長に選出される(~一八九四年)。また、戦争小説準備
            のためシャンパーニュ地方およびスダンに旅行。
            九月、ジャンヌとの間に長男ジャック誕生。

一八九二年    52歳 八月、妻アレクサンドリーヌ、ゾラとジャンヌの関係に気づく。
            八~九月、南仏からイタリアに旅行。その途中ルルドに立ち寄る。

一八九三年    53歳 『パスカル博士』。『ルーゴン=マッカール叢書』全二十巻が完成。

一八九五年    55歳 四月、文芸家協会長に再び選出される。夏、ジャンヌと二人の子供の
            ためにヴェルヌイユに家を借りる。

一八九七年    57歳 十月、ドレフュスの無実を確信、暮れからドレフュス擁護の記事を発表。

一八九八年    58歳 一月、『オーロール』紙に「私は告発する!」を発表。パリ重罪裁判所で
            懲役一年、罰金三千フラン。
            七月、ヴェルサイユ地裁でも有罪となり、ロンドンに亡命。

一八九九年    59歳 六月、イギリスから帰国。
            十月、『豊饒』。

一九〇二年    62歳 九月、一酸化中毒により急死。暗殺の疑いがある。

一九〇八年       遺骸がパンテオンに移される。

           (作成:小倉孝誠)