最新情報

お知らせ

一覧へ

10/18(水)語り・音楽・映像と講演のイベント「石牟礼道子と出逢う」開催!


◎作家 町田康が、石牟礼道子の作品群を、怒濤の朗読。アーティスト 金大偉の音楽と映像とのコラボレーションで作り上げる、かつてない世界。
◎天草・島原の乱を描いた石牟礼道子最新刊『完本 春の城』に解説を書いた江戸学者 田中優子は、その作品世界について講演。
◎文字だけではない、音で、音楽で楽しむ、石牟礼文学の世界。

語り・音楽・映像と講演のイベント
石牟礼道子と出逢う
20171018ishimure-eve.jpg [第1部] 講演/映像上映
 [講演]田中優子(江戸学者・法政大学総長)
 [上映]鶴見和子・石牟礼道子対談
   「魂のゆくえ」
(2000年収録)


[第2部] 語り+音楽+映像
 [文]石牟礼道子(作家)
 [語り]町田康(作家・ミュージシャン)
 [音楽・映像]金大偉(アーティスト)
 [尺八]原郷界山(尺八奏者)

----------
[日時] 2017年10月18日(水)
    18:30~
(開場18:00)
[会場] 座・高円寺  ホール2
〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2
[入場料] 3000円 (定員256名・全席自由・先着順)
[申込み・お問合せ] 株式会社 藤原書店
 Tel.03-5272-0301

夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜りまして厚く御礼を申し上げます。
誠に勝手ながら、小社は下記期間におきまして夏季休業とさせていただきます。

【夏季の休業期間】
2017年8月11日(金・祝)~2018年8月16日(水)

2017年8月17日(木)より通常業務を再開いたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

7/6(木)より紀伊國屋書店新宿本店3階でじんぶんや選書フェア 安川晴基氏選ヤン・アスマン『エジプト人モーセ』刊行記念「『記憶史』のまなざしで『西洋』を問い問い直す」開催中!

DSC_0814.JPG

紀伊國屋書店新宿本店3階I-28棚にて
7/6(木)より「じんぶんや」選書フェア
安川晴基(名古屋大学准教授)氏選
ヤン・アスマン
『エジプト人モーセ ある記憶痕跡の解読』

(安川晴基訳)刊行記念フェア

「記憶史」のまなざしで
「西洋」を問い直す

が開催中! 充実のフェア冊子も配布中です!

9784865781045.PT01.jpg

















これからの催しもの

一覧へ

10/18(水)語り・音楽・映像と講演のイベント「石牟礼道子と出逢う」開催!


◎作家 町田康が、石牟礼道子の作品群を、怒濤の朗読。アーティスト 金大偉の音楽と映像とのコラボレーションで作り上げる、かつてない世界。
◎天草・島原の乱を描いた石牟礼道子最新刊『完本 春の城』に解説を書いた江戸学者 田中優子は、その作品世界について講演。
◎文字だけではない、音で、音楽で楽しむ、石牟礼文学の世界。

語り・音楽・映像と講演のイベント
石牟礼道子と出逢う
20171018ishimure-eve.jpg [第1部] 講演/映像上映
 [講演]田中優子(江戸学者・法政大学総長)
 [上映]鶴見和子・石牟礼道子対談
   「魂のゆくえ」
(2000年収録)


[第2部] 語り+音楽+映像
 [文]石牟礼道子(作家)
 [語り]町田康(作家・ミュージシャン)
 [音楽・映像]金大偉(アーティスト)
 [尺八]原郷界山(尺八奏者)

----------
[日時] 2017年10月18日(水)
    18:30~
(開場18:00)
[会場] 座・高円寺  ホール2
〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2
[入場料] 3000円 (定員256名・全席自由・先着順)
[申込み・お問合せ] 株式会社 藤原書店
 Tel.03-5272-0301

7/16(日)2017年「後藤新平の会」シンポジウム 開催!

2017_goto_eve_1.jpg

2017年度「後藤新平の会」
「後藤新平賞」授賞式 &
シンポジウム「後藤新平の「世界認識」と現代」
開催!


第Ⅰ部 第11回「後藤新平賞」授賞式(11時~12時)
〈本賞 受賞者〉 山本保博 氏
  (東京曳舟病院院長/日本医科大学名誉教授)


第Ⅱ部 シンポジウム「後藤新平の「世界認識」と現代――100年を俯瞰する
(12時半開場、13時開会 17時終了予定)
[出演]
 小倉和夫 氏(元駐韓・駐仏大使、元国際交流基金理事長)
 加藤陽子 氏(東京大学教授、歴史学)
 瀧井一博 氏(国際日本文化研究センター教授、国制史・比較法史)
 ロー・ダニエル 氏(ペニンシュラ・モニター・グループ代表、政治経済学)
 〈司会〉橋本五郎 氏(読売新聞特別編集委員)
*50音順

後藤新平は世界をどうみていたのか?
時代の先覚者・後藤新平は、百年前の世界をいかに俯瞰していたか?
もともと医者だった後藤は、施策決定には科学的調査が不可欠という信念を持っていた。台湾経営においては「生物学的原則」、つまり「鯛の目をヒラメの目に取り替えることはできない」と、日本の法制導入の際は、台湾の旧慣制度に適応するように工夫していく必要がある、と説いた。満洲経営においては「文装的武備」、つまり武力だけによらない総合的な植民地施策を重視した。のちに後藤は、「文装」は、世界の国々から学ぶべきを取り入れながら、日本独自の平和の文化を世界に広げていくこと、「武備」を殖産興業として、対列強戦略の文脈で使うようになった。
1907年の伊藤博文との対話「厳島夜話」では、強大化する米国に対し、欧州からアジアまでの旧大陸が協同して対峙しその脅威を未然に制すべしという「新旧大陸対峙論」を唱え、伊藤を驚かせた。地政学的観点から特にロシアとの関係を重視した後藤は晩年、病身を押して訪露し、日露親善に力を尽した。
いま世界は、英のEU離脱や米のトランプ政権の誕生などで緊迫している。本年のシンポジウムでは、後藤新平の世界認識の真髄を学びとり、百年前から現代を、そして現代から百年先を照らしてみたい。


[日時]2017年7月16日(日)
     第Ⅰ部 11~12時
     第Ⅱ部 13~17時
[会場]アルカディア市ヶ谷(私学会館)
     第Ⅰ部「妙高」 第Ⅱ部「富士(西)」
    (JR・地下鉄「市ヶ谷」駅 徒歩5分)
[入場料]一般2000円/学生1000円(自由席・定員300名/第Ⅰ部のみは無料)
[お申込み・お問合せ]藤原書店内「後藤新平の会 事務局」
     tel:03-5272-0301/fax:03-5272-0450
     info[アット]@goto-shimpei.org     


詳細ページへ

7/1(土)第274回新宿セミナー@Kinokuniya『出雲を原郷とする人たち』刊行記念「全国“出雲”再発見の旅!」開催!

izumo-eve.jpg

第274回新宿セミナー@Kinokuniya
藤原書店『出雲を原郷とする人たち』刊行記念
全国“出雲”再発見の旅!


[出演]
 岡本雅享(おかもと・まさたか)
 三浦佑之(みうら・すけゆき)
 佐野史郎(さの・しろう)

日本全国に伝わる「出雲」とは?!
神話の地として名高い島根県・出雲。じつは九州から関東・東北に至るまで、日本各地に「出雲」という地名や神社が数多く残されています。そうした各地の「出雲」を、5年の歳月をかけて訪ね歩き、神話・伝承・考古学・郷土史を横断して、その由来を探った岡本雅享さんの著書『出雲を原郷とする人たち』が昨秋刊行され、大きな反響を呼びました。
今回のセミナーでは、出雲出身で、「出雲人」としてのルーツを心に抱きながら活躍する俳優・佐野史郎さんと、出雲のみならず古代文学・古代史において多数の著作を持つ三浦佑之さんを招いて、現代日本においても陰に陽に脈々と伝わる「出雲」発見の面白さについて語り合っていただきます。

[日時]2017年7月1日(土) 18:30開演(18:00開場)
[会場]紀伊國屋ホール (紀伊國屋書店新宿本店4F)
[入場料金]1,500円(全席指定)
[チケット取り扱い]
 ・キノチケットカウンター
  (新宿本店5階/店頭販売 受付時間10:00~18:30)
 ・キノチケオンライン(24時間受付)
[お問合せ]紀伊國屋ホール Tel.03-3354-0141(10:00~18:30)

9784865780987.PT01.jpg

小社関連フェア

一覧へ

7/6(木)より紀伊國屋書店新宿本店3階でじんぶんや選書フェア 安川晴基氏選ヤン・アスマン『エジプト人モーセ』刊行記念「『記憶史』のまなざしで『西洋』を問い問い直す」開催中!

DSC_0814.JPG

紀伊國屋書店新宿本店3階I-28棚にて
7/6(木)より「じんぶんや」選書フェア
安川晴基(名古屋大学准教授)氏選
ヤン・アスマン
『エジプト人モーセ ある記憶痕跡の解読』

(安川晴基訳)刊行記念フェア

「記憶史」のまなざしで
「西洋」を問い直す

が開催中! 充実のフェア冊子も配布中です!

9784865781045.PT01.jpg

















紀伊國屋書店BookWeb Proで安川晴基氏選ヤン・アスマン『エジプト人モーセ ある記憶痕跡の解読』刊行記念フェア「『記憶史』のまなざしで『西洋』を問い直す」が公開!

2/22(水)~3/31(金)紀伊國屋書店大津店で「教養に効く! 厳選15冊 藤原書店 編集者・営業マンおすすめの一冊フェア」開催!

2/22(水)~3/31(金)
紀伊國屋書店大津店にて
「教養に効く! 厳選15冊
藤原書店 編集者・営業マン
おすすめの一冊フェア」が開催中!


fair-photo.jpg
また、このフェア開催中、紀伊國屋書店大津店様作成の特別リーフレットや、非売品小冊子『創業20周年記念アンケート 心に残る藤原書店の本』や、PR誌『機』最新号、『藤原書店ブックガイド2016』をお配りしておりますので、フェアコーナーに皆さまぜひぜひ足をお運び下さい。

広告掲載予定

一覧へ

広告掲載のお知らせ

毎日新聞   10月3日掲載
読売新聞   10月8日掲載
日本経済新聞 10月16日掲載
です。

地域により2~3日遅れる場合がございます。

広告掲載のお知らせ

毎日新聞   9月3日掲載
読売新聞   9月3日掲載
日本経済新聞 9月18日掲載
です。

地域により2~3日遅れる場合がございます。

広告掲載のお知らせ

毎日新聞   7月3日掲載
読売新聞   7月5日掲載
日本経済新聞 7月17日掲載
です。

地域により2~3日遅れる場合がございます。

過去の催しもの

一覧へ

10/29~30 第21回 神保町ブックフィスティバルに参加します!

神保町にて行われるブックフィスティバルに参加いたします。
10月29日 10:30~18:00(土)
10月30日 10:00~18:00(日)
上記時間帯におきまして、
本の得々市・汚損本お楽しみワゴンセール」を開催致します!

白山通りからすずらん通りへ南に入って直ぐ、
「本のすずらん堂」、「神田南神保町郵便局」の近辺
に出店を致します。

※雨天中止

「本の街」神保町オフィシャルサイト:JIMBOU BOOKTOWN

皆様のお越しをお待ちしております。

jimbo2011_map.jpg

『身体の歴史』の訳者真屋和子さん、講座「裸体の美術史 19世紀フランス絵画を中心に」を開催!

 11/29に『身体の歴史 Ⅱ』の共訳者の真屋和子氏が、
朝日カルチャーセンター新宿にて
 講座『裸体の美術史 -19世紀フランス絵画を中心に-』
を開催いたします。
 ぜひぜひ皆さまお誘い合わせの上ご参加を!

―――――――――――――――
【新設講座】
『裸体の美術史 -19世紀フランス絵画を中心に-』

・日時: 2011年11月29日(火) 13:00~15:00
・会場: 新宿住友ビル7F 朝日カルチャーセンター(申込みは4F受付)
     TEL 03-3344-1945(教養)
・受講料:会員 2,940円 一般 3,750円(入会不要)
―――――――――――――――

お申込みはこちらから

チラシのダウンロードはこちらから
体の美術史 -19世紀フランス絵画を中心に-

エマニュエル・トッド来日決定!!

 9月上旬にエマニュエル・トッド氏が、京都大学GCOE「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」の招きで、最新刊『アラブ革命はなぜ起きたか?――デモグラフィーとデモクラシー』を引っ提げ待望の再来日!
 下記の通り、講演やシンポジウムを予定しております。
 ぜひぜひ皆さまお誘い合わせの上ご参加を!

―――――――――――――――
国際シンポジウム
「『文明の衝突』か『文明の接近』か
 ――アラブ革命と世界情勢の新たな展開
――
(同時通訳有)

・日時: 2011年9月3日(土) 15:30~18:00 (開場 15:00)
・会場: 青山学院大学 青山キャンパス総研ビル12階大会議室(受付11
 階)
・主催: 青山学院大学、青山学院大学総合文化政策学部
・後援: 藤原書店、フランス大使館
・事務局: 青山学院大学総合文化政策学部合同研究室
・料金:無料(先着200人)

チラシの印刷はこちらから

■モデレーター
  石崎晴己(青山学院大学総合文化政策学部教授・前学部長)
■パネリスト
  大野元裕(参議院議員・中東調査会客員研究員)
  栗田禎子(千葉大学教授・中東現代史)
  袴田茂樹(青山学院大学国際政治経済学部教授・ロシア研究)
■総合司会
  梅津順一(青山学院大学総合文化政策学部教授)

※詳細、お申し込み、詳しいお問い合わせは下記へ
 青山学院大学 総合文化政策学部合同研究室
 〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
 TEL: 03-3409-6304
 FAX: 03-3409-8213
 予約ご希望の方は、以下の事項を明記の上、ファックスかハガキで
 お申し込み下さい。
  ◎姓名・性別・年齢・所属・電話・ファックス番号
   ・eメールアドレス(お持ちの場合)
 ホームページ: 青山学院大学総合文化政策学部合同研究室



―――――――――――――――
「家族システムの起源
 ――アジアからヨーロッパにかけて――」

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)

・日時:2011年9月7日(水) 18:00
・場所:日仏会館 研究センター 1階ホール
・主催:日仏会館フランス事務所
・料金:無料(お申し込み)

チラシの印刷はこちらから

※詳細、お申し込み、詳しいお問い合わせは下記へ
 日仏会館フランス事務所
 フランス在外共同研究所 UMIFRE 19 CNRS-MAEE
 150-0013 東京都渋谷区恵比寿 3-9-2
 電話:03-5421-7641 / FAX:03-5421-7651
 ホームページ: 日仏会館フランス事務所



  ―――――――――――――――
ISA RC06 - CFR Kyoto Seminar 2011
「Traditional family systems and recent demographic differences in Eurasia; is there such a thing as modernity?
(ユーラシアにおける伝統家族システムと昨今の人口学的多様性
 ――「近代」というものはあるのか?――)」
(同時通訳有) 

・日時:2011年9月12日(月) 10:00~
・場所:京都大学 時計台百周年記念ホール
・共催:京都大学GCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすア
    ジア拠点」
    日本家族社会学会
・協力:藤原書店
・料金:一般参加(3日間) 20,000円 *学生 / PD 10,000円
    ※特別講演のみ 1,000円

チラシの印刷はこちらから

※詳細、詳しいお問い合わせは下記へ
 京都大学GCOEプログラム
 「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」事務局
 電話:075-753-2734(月-金 9:00-17:30)
 ホームページ:
 ・京都大学GCOEプログラム 『9/12(月)~14(水)ISA RC06
  (CFR) 京都セミナー 2011「グローバル化時代における親密圏・公
  共圏の再編成」のご案内』


 ・日本家族社会学会
・ISA RC06公式サイトISA RC06(英語)

 

重版情報

一覧へ

『ルーズベルトの責任』上巻忽ち3刷! 下巻も刊行前に重版決定!!

先月上巻が刊行され話題騒然のなか、今月1/23(月)下巻配本予定の
Ch・A・ビーアド『ルーズベルトの責任』(全2巻)が、
上巻 忽ち3刷! 下巻も刊行前に2刷が決定しました!!


catch_Roosevelt002.jpg

復刊のご案内

話すということ
言語的交換のエコノミー


話すということ

  • ピエール・ブルデュー
  • 稲賀繁美 訳
  • A5上製 352ページ
    ISBN-13: 9784938661649
    刊行日: 1993/1
  • 定価: 4,515円

現代言語学・哲学批判
ソシュールにはじまる現代言語学の盲目性を、ハイデガー哲学の権威主義を、アルチュセール派マルクス主義の正統性の神話を、言語の社会的機能の視点から暴き、理論的言説が魔術的言説に他ならぬことを初めて喝破しえた衝撃作。


☆復刊書籍のご案内☆

風俗研究


風俗研究

  • バルザック
  • 山田登世子 訳=解説
  • A5上製 232ページ
    ISBN-13: 9784938661465
    刊行日: 1992/3
  • 定価: 2,940円

文豪、幻の名著

文豪バルザックが、19世紀パリの風俗を、皮肉と諷刺で鮮やかに描いた幻の名著。近代の富と毒を、バルザックの炯眼が鋭く捉える、都市風俗考現学の原点。「優雅な生活論」「歩き方の理論」「近代興奮剤考」ほか。

図版多数〔解説〕「近代の毒と富」(40頁)


資本主義の世界史
1500-1995


資本主義の世界史

  • M・ボー
  • 筆宝康之・勝俣誠 訳
  • A5上製 512ページ
    ISBN-13: 9784894340411
    刊行日: 1996/6
  • 定価: 6,090円

初の資本主義五百年物語
ブローデルの全体史、ウォーラーステインの世界システム論、レギュラシオン・アプローチを架橋し、商人資本主義から、アジア太平洋時代を迎えた20世紀資本主義の大転換までを、統一的視野のもとに収めた画期的業績。世界十か国語で読まれる大冊の名著。