最新情報

  • ホーム
  • > 最新情報
  • > お知らせ
  • > 12/15(日)『毎日』「2013この3冊」でE・トッド『最後の転落』、平川祐弘『竹山道雄と昭和の時代』が紹介!

お知らせ

12/15(日)『毎日』「2013この3冊」でE・トッド『最後の転落』、平川祐弘『竹山道雄と昭和の時代』が紹介!

12/15(日)『毎日』「2013この3冊」で
鹿島茂さんがエマニュエル・トッド『最後の転落』を、
五百旗頭真さんが平川祐弘『竹山道雄と昭和の時代』を紹介!

「……抑圧国家は抑圧システムがコスト高になりすぎて機能不全に陥ったときに崩壊するという『当たり前』の真実を教えてくれる」
鹿島茂

「戦前は右へ、戦後は左へ振った疾風怒濤の昭和史。竹山は左右の集団思想に、世界の実相を見誤り、人間の自由を圧殺する危険を見た。『ビルマの竪琴』の著者の知性を通して、昭和の精神史を解剖する力作。」
五百旗頭

9784894348943.PT01.jpg 9784894349063.PT01.jpg