最新情報

お知らせ

1/20(月)『読売』で『稀代のジャーナリスト・徳富蘇峰』が大きく紹介!

1/11(土)『読売』「五郎ワールド」欄で橋本五郎さん絶賛紹介に続き、
1/20(月)『読売』「本よみうり堂」でも、『稀代のジャーナリスト・徳富蘇峰』が、
編者のお一人、杉原志啓さんのインタビューと共に大きく紹介!!

「なぜいま蘇峰なのか。文芸評論家の杉原氏は『中国の膨張などで国際情勢が激変し、彼の徹底したリアリズムが求められるようになった』と語る……『勢力均衡を信奉したのもリアリズムから。アメリカが正義や民主主義などの理念を掲げるのも、それが自国の国益にかなうからそうしていると見抜いていた』……『進歩史観のないその歴史記述は驚くほど公平で客観的。天皇批判もいとわない点で「純正右翼」とも異なる』……『「私」よりも日本をよくしたいという「公」に尽くす気持ちを最期まで持ち続けた。その姿勢は学べる』」

9784894349513.PT01.jpg