最新情報

お知らせ

2/16(日)『毎日』でマリー・ダリュセック『警察調書』が絶賛書評!


「……見事と言うしかない。取りあげる作家と鍵となる概念の選択が、盗作に関わる問題点を浮上させるのだ。それはタイトルが本来になうべき役割のひとつであるはずなのだが、その実現がおろそかにされていることは、書店や図書館に足を運んで、そこに並んでいる本のタイトルをながめてみれば分かるはずである。……ともかく面白くて、役に立つ本である。」
富山太佳夫

9784894349278.PT01.jpg