最新情報

お知らせ

3/2(日)『日経』でも『民間交流のパイオニア 渋沢栄一の国民外交』が絶賛書評!


「本書は、この渋沢による実業家を核とする民間交流、彼の言うところの『国民外交』の経緯を克明に分析したものであり、現在の日本にとって貴重な示唆を持つ。
……
学ぶべきことは多い。第一に、現在においても日本がこれら3つの隣国(米・韓・中)の間で孤立化する危険は決して少なくないということである。中国市場は米韓にとって戦前とは比べ物にならないほど大きな魅力となっている。第二に、貿易や合同事業の展開によってウィンウィンの相互依存関係の創出をはかるという渋沢の取った戦略は、グローバル化し市場と立地が流動化した現在では、過去にもまして無力化していることである。」
寺西重郎

9784894349483.PT01.jpg