最新情報

お知らせ

4/19(日)『毎日』で『岡田英弘著作集 ⑥東アジア史の実像』が絶賛書評!

発刊以来各巻大好評の
岡田英弘著作集
The Collected Works of Hidehiro Okada (全8巻)
第6巻『東アジア史の実像』
4/19(日)『毎日』「今週の本棚」欄
三浦雅士さんに絶賛書評!

「この半世紀、東アジアの歴史は激動したが、著者の史観は驚くほど一貫しており、見通しもまた的中している。……時を経て少しもぶれないその史観の堅牢を自負しているといっていい。この史観、アジアの世紀といわれる二十一世紀を予見するにじつに役立つ。
……
岡田史観がいまきわめて興味深いのは、それが、たとえばマルクス主義から決別して『リオリエント』を書いた経済史家フランクらの考え方と強い親和性を持つように見えるからだろう。鳥瞰すれば、この五千年、アジア経済こそが世界史の原動力だったのであり、西洋産業革命はそのアジアという巨人の肩にのった小人の芸にすぎなかった。フランクはそう主張するわけだが、皇帝とその帝国を商社として語り、漢字を商取引のための文字と見なす岡田史観と見事に呼応している。この呼応は、今後の東アジア史研究を大いに刺激するだろうと思わせずにおかない。
 世界を立体的に見るための必読文献である。」
三浦雅士

9784865780147.PT01.jpg