最新情報

  • ホーム
  • > 最新情報
  • > お知らせ
  • > 5/27(日)『毎日』「今週の本棚」欄で新保祐司『明治の光 内村鑑三』が村上陽一郎さんに絶賛大書評!

お知らせ

5/27(日)『毎日』「今週の本棚」欄で新保祐司『明治の光 内村鑑三』が村上陽一郎さんに絶賛大書評!

2/7(日)『産経』書評欄での猪木武徳さん絶賛書評に続き

5/27(日)『毎日』「今週の本棚」欄
新保祐司『明治の光 内村鑑三』
村上陽一郎さんに絶賛大書評!

存在は一つの社会的事件
本書の特色の一つは、実にヴァライエティに富んだ登場人物の多彩さであろうか(本書末尾の「索引」は、主要人名だけで7ページに及んでいる)。そうした様々な断簡零墨まで探査して、内村への言及を探し当てようとする、著者の意欲と博捜ぶりは、感嘆に値する。
一人の読者の立場でみれば、内村という人の存在は、明治・大正期の日本において、やはり一つの社会的事件であったのだ、ということを痛感させられる。著者は、そうした内村の存在を、今日の日本(ばかりではなく、恐らく世界)にとって、一つの指針になり得ると主張する。……しかし、現代の日本にそれを受け止める力があるだろうか。
村上陽一郎さん評

9784865781533.PT01.jpg