最新情報

  • ホーム
  • > 最新情報
  • > お知らせ
  • > 『文藝春秋』2018年7月号でジョナサン・フェンビー『奇妙な同盟 1・2』が出口治明さんに絶賛書評!!

お知らせ

『文藝春秋』2018年7月号でジョナサン・フェンビー『奇妙な同盟 1・2』が出口治明さんに絶賛書評!!


『文藝春秋』2018年7月号「BOOK倶楽部」欄で
ジョナサン・フェンビー『奇妙な同盟 1・2』
出口治明さんに絶賛大書評!

「『圧倒的な』肉声、ディテールの積み重ねによって、三人の指導者の人となりが鮮やかに蘇るからだ。ここにいるのは、伝説のリーダーではない。私たちと同じく、強みも弱みも併せ持った血の通った生身の人間なのだ。しかも、三人が目の前を歩いているような錯覚さえ覚えてしまう。面白くないはずがないではないか。二巻の大作だが、あっという間に読めてしまうだろう」。
「本書が優れているのは、脇役の彫琢がまた素晴らしいことだ。英米同盟の構築者で大統領の側近、ハリー・ホプキンス。大英帝国軍参謀総長のアラン・ブルック。二人の表情や身のこなしまで想像できそうだ。そして、登場回数こそ少ないものの強烈なオーラを放つ蒋介石夫人、宋美齢。主役も脇役も揃いも揃って強烈な個性が、虚々実々の駆け引きを行うのだ。将来を予見させるド・ゴールの一徹さも印象的だ。人間好きな読者にはたまらないだろう」。
出口治明さん評

9784865781618.PT01.jpg 9784865781625.PT01.jpg